高周波大電流測定装置

写真:高周波大電流測定装置

「高周波大電流測定器 LCA-101」は、センサーに鉄心を用いないクランプ方式を採用、鉄損や飽和による直線性の悪化や鉄心の周波数特性を考慮する必要がなく、高周波大電流の測定ができます。
センサーはクランプタイプと、フレキシブルタイプの2種類があり、被測定物の形状を問いません。

用途

  • 誘導加熱機の電流測定及び制御
  • 高周波CT
  • 構造物循環電流測定
  • アース電流測定
  • 雷サージ電流測定
  • 整流器分担電流測定
  • 硝子通電電流測定
  • 高周波溶接電流測定
  • プラズマ電流測定
  • 各種高周波電流測定及び制御

仕様

測定範囲 0A~6000A
180Hz~100KHz
精度 測定電流表示精度±2% ±10.0A
出力電圧精度±2% ±10.0mV
外形 W290mm×D365mm×H115mm オプション 4~20mA BCD出力
センサー クランプタイプ
フレキシブルタイプ
電源 AC100V~AC220V(ご指定ください)50W
重量 約5kg 最大表示 1999または19999(オプション)
お問い合せはこちら:お電話でのお問い合せ:TEL06-6953-2366:受付時間9時~17時(土・日除く):WEBでのお問い合せ