FAQ よくある質問

寸法自動測定装置

大よそは下記のような流れで測定します。
■STEP1:初回測定
 測定箇所・方法・規格値を決めながら測定します。
■STEP2:初回の測定データとプログラムデータの完成
 上記STEP1完了後に完成されます。
■STEP3:量産測定
 STEP2で作成されたプログラムデータを呼出して測定します。既に測定内容はプログラムデータに記憶されておりますので、比較的短時間での測定が可能です(全自動または半自動測定)。測定後には測定データが出力されます。
2次元の寸法測定装置ですので高さ方向の測定は不可能です。事例として、2次元的環境(向きを変えるなど)をつくり出す事が出来れば平面的に測定は可能です。

LabVIEW

12名在席しています。そのほとんどの技術者が他の開発言語も扱うことができます。(2017年8月現在)
約20年の実績があり、LabVIEWを中心とした数多くのテスト・計測・制御システムを手掛けてきました。
弊社のLabVIEW開発支援サービスである「LabVIEWレスキュー」がご利用頂けます。
まずはご相談ください。