セラミック穴数検査システム

画像処理を用いて、穴あけ加工を行ったセラミックの穴数及び、穴位置の良否判定を行うシステム。

図:セラミック穴数検査システム

システム構成

  • アナログラインスキャンカメラ
  • 画像集録ボード
  • デジタルI/Oボード

用途

穴あけ加工を行ったセラミックの穴数を自動検査する。あらかじめ良品データを登録し、画像処理で検出した検査品の穴数の良否判定を行うシステム。

開発言語

LabVIEW 8.2.1、NI Vision Ver 8.2.0

システムの特徴・セールスポイント

  • 非接触(画像処理)による検査システム
  • 判定履歴の保存(CSV形式)、NG判定時の画像を自動保存(最新10画像)

技術的な特徴

ラインスキャンによる高解像度での画像処理を行う為、小さい穴でも検出が可能。

お問い合せはこちら:お電話でのお問い合せ:TEL06-6953-2366:受付時間9時~17時(土・日除く):WEBでのお問い合せ