スターター耐久試験装置

近年アイドリングストップの需要増に伴う耐久試験のニーズに対応が必要になった。

図:ECU出荷検査装置


ボタン:カタログダウンロード

概要

  • 近年アイドリングストップの需要増に伴う耐久試験のニーズに対応が必要になった。
  • 計測をこれまで横河製DL850スコープコーダで行われていたが、解析は全て後処理になっていた。
  • 5万個ものデータの解析に大幅に時間がかかっていたことが課題であった。

特徴

  • 解析後のデータがPCに自動で保存可能に
  • 50項目を超える検査を全て自動化
  • エラー検知後すぐに次の試験に移ることが可能に
  • エンジン回転数、スターター回転数、モータ電流、セルモータ入力信号が接点信号がすべて1つのグラフで解析・表示

システム構成

  • cDAQ 9184 4スロットシャーシ
  • NI 9421 デジタル入力 4ch
  • NI 9225 アナログ入力 差動 16 ch

開発言語

  • LabVIEW
お問い合せはこちら:お電話でのお問い合せ:TEL06-6953-2366:受付時間9時~17時(土・日除く):WEBでのお問い合せ