エンジン負荷制御システム

運転パターンに基づき、エンジン及び渦電流動力計の回転数や負荷を高速制御し、過渡特性評価に必要な自動運転を行うシステムです。

図:エンジン負荷制御システム

特徴

  • リアルタイムOSを使うことで高精度で計測・制御可能
  • 自動運転/手動運転の切り替えで、自動計測/手動計測が可能
  • 自動運転により長時間の運転が可能で耐久試験用途に利用可能
  • スロットル制御と動力計の負荷制御により、エンジンのトルク・出力特性を計測
  • 任意の運転パターンの作成・編集が可能で、定常運転時の評価や過渡特性評価など様々な目的でエンジン特性の収集が可能
  • 計測結果から、より精度の高い運転を行うよう、学習された運転パターンを自動生成
  • 計測結果を成績書としてレポート出力(Microsoft Excel形式)が可能

システム導入前の課題

米国・欧州で採用されている試験システムを、日本に取り入れ、立ち上げたいとのご要望から、開発がスタートしました。

システム導入後の効果・改善点

  • 日本でも試験可能となりました。
  • サーボモータ制御にFPGAを使用することにより、高速制御が可能となりました。
お問い合せはこちら:お電話でのお問い合せ:TEL06-6953-2366:受付時間9時~17時(土・日除く):WEBでのお問い合せ