シーケンスタイマー

本装置は、パソコンから光リンクを通して送られてきたシーケンス時間データに従い、短絡発電機出力と同期を取って高速半導体スイッチを動作させます。
パソコンは、シーケンス時間データの作成・変更・管理を行うとともに、シーケンスタイミングチャートやデジタルオシロスコープの取込波形を表示します。

システム構成

  • パソコン
  • RS232C光リンク
  • 絶縁アンプとデジタルオシロスコープ
  • 5ラック構成のシーケンスタイマー盤  (コントロールユニット、スイッチユニット、E/Oユニット等 計21ユニット)

シーケンス設定ソフトウエア画面

シーケンス設定ソフトウエア画面

用途

大電力試験所にて使用されており、高圧大容量開閉装置の投入・遮断試験や短絡試験を行う為の各電力機器及び測定装置の制御に使用されております。

開発言語

Visual Basic および C

システムの特徴・セールスポイント、技術的な特徴

短絡発電機の出力に同期し、発電機出力の位相1度の分解能にて最大100エレメント(外部機器)の制御をします。上記を達成するため高速半導体スイッチ部も自社開発しました。仕様は下記の通り。

動作スピード 3µsec以下
スイッチング容量 AC110V 10A

シーケンス設定用PCで各エレメントの動作時間を設定し、シーケンスタイマー盤に光リンクを通じて設定を送信します。シーケンス設定は、ソフトウェア画面上でグラフ表示され、マウスのドラッグ&ドロップで視覚的に動作時間を設定する事が可能です。

お問い合せはこちら:お電話でのお問い合せ:TEL06-6953-2366:受付時間9時~17時(土・日除く):WEBでのお問い合せ